CART My PAGE shopping GUIDE CONTACT SITEMAP
RSS
 

[WORKERS] Work Shirt / 3.5oz Orange Madras

WORKERS K&TH MFG Co.(ワーカーズ)-Logo

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めている。


[WORKERS] Work Shirt / 3.5oz Orange Madras

価格:

15,400円 (税抜 14,000円)

[ポイント還元 154ポイント~]
SIZE:
購入数:
STOCK
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる



 ザ・ベーシックワークシャツ。

 一応、ファッション?の世界に身を置いていると、「ストリートブランド全盛」「今はロゴ が強い」とか時々の「これが旬!」みたいな話は耳に入ってきますがそれはそれ、これはこれ。

 WORKERSの良心、ワークシャツは一生作り続けたい品番だそう。


 素材のインドマドラスは春向けに3.5ozクラス、真夏でもギリギリ着られる厚み。


 シルエットは少しゆったりと。

 でも、ビンテージのように袖がものすごく太かったりはしない、あくまで現代の感覚でのゆったり感。


 パーツの縫い合わせはトリプルステッチ、表地に合わせて、細めの綿糸。

 運針も細かく、ビンテージ的な仕様。

 ポケットのカンヌキに一部配色でアクセント。

 ボタンはシャンブレーがメタル、マドラスが高瀬貝ボタンと、 表地の雰囲気に合わせて使い分けています。


 ワークシャツ、何となく手に取る。

 一日着たら洗濯機で洗う、天日で干す。

 また、干した次の日に着る。

 そんな風に「な んとなく手に取る」を繰り返すと、気付いたら良い雰囲気になります。


 身頃の生地が色落ち柔らかくなる、ステッチ部分の糸が縫い目に沈み込む。

 沈み込むから、生地がガードの役割になり、縫い糸自体は中々切れない。

 結局、お気に入りのワークシャツばかり手が伸びる。

 デザイナー自身もワークシャツは常に何着か持っているそうですが、結局いつも同じのを着て、引退するまでそればかり着てしまうそうです。




 さらに詳しくはこちら




workers_work_shirt_3_5oz_india_madras_g.jpg


RECOMMEND

[WORKERS] Henley Neck Sweater / White

15,400円(税抜 14,000円)

ページトップへ