CART My PAGE shopping GUIDE CONTACT SITEMAP
RSS
 

WORKERS (ワーカーズ) USN Cotton Sweater / Navy

WORKERS K&TH MFG Co.(ワーカーズ)-Logo

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めている。


WORKERS (ワーカーズ) USN Cotton Sweater / Navy

価格:

15,120円 (税抜 13,745円)

[ポイント還元 151ポイント~]
SIZE:
購入数:
STOCK
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


 某海外の極厚カットソー、ボーダーが有名です。

 あの生地のさらに倍の厚みを目指した超極厚天竺。

 スペックで言うと、某海外製が16番双糸(8番程度)の天竺。

 これでも、ジーンズに使う13.5オンスデニムが7番クラスの糸で織るので、いかに厚いかわかります。

 WORKERSでは、さらにその16番双糸を編み針に2本引き揃えることで、4番クラスの糸で編んだ天竺生地になります。


 もともと、この生地を見てふと思いついたのが「古着である極厚のミリタリーセーター」でした。

 以前から、あれをウールでは無くコットンでやりたいと思っていたので、そのイメージにぴったり。

 ただ、身頃の天竺だけではセーター的形にはならない。


 そこで、この身頃に合った分厚い「横付属」が必要になります。

 この「横」というのは編み機の形で、Tシャツやスウェットに使う天竺・裏毛は丸い形の「丸編み機」で編むことが多く、袖口、ネック、裾に使ったようなフライスは丸編みでも編めるのですが、今回のように細かく寸法や編み方を変えたいとなると「横編み機」の方が向いています。

 そういった「横編み機」で部品を作ることを総称して「横付属」と呼んでいます。


 裾は針抜き、袖口と襟は通常のフライスと編み目を変えています。

 これを縫い合わせることで、かなりセーターに近い雰囲気に。


 もともと、古着のUSNセーター自体、身頃・襟・袖口(場合によっては裾)と別々に作った部品を縫い合わせて作る「ニットソー」がほとんど。

 そのため、今回のようにコットンでカットソーで作ってもかなり近い風合いに成っています。


 シャツの上はもちろん、コットンなのでチクチクしないのでTシャツの上に1枚でも着ていただけます。

 製品はノンウォッシュです。

 ギチギチに詰めて編んでいるので洗いによる寸法変化は小さいです。




 さらに詳しくはこちら




WORKERS USN / Boatneck Sweater-Graph


ページトップへ