CART My PAGE shopping GUIDE CONTACT SITEMAP
RSS
 

WORKERS (ワーカーズ) Sliver Fleece Jacket / Beige

WORKERS K&TH MFG Co.(ワーカーズ)-Logo

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めている。


WORKERS (ワーカーズ) Sliver Fleece Jacket / Beige

価格:

26,400円 (税抜 24,000円)

[ポイント還元 264ポイント~]
SIZE:
購入数:
STOCK
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


 スライバーフリース。

 糸になる原料の「スライバー」を巻きんでニットを作り、毛足の長い編み物を作る。

 今回別注したフリース、目の細かい14ゲージの編地に多めにスライバーを送り込んでずっしりしたフリースになって います。

 これ以上送り込んで重くなると伸びてしまうギリギリ。


 せっかく別注するからには、単価よりクオリティだ!と気合が入った企画・規格です。

 一口に「フリース」といっても種類は多く、

・織物を起毛させたもの ・シンカーパイルと呼ばれる編地でもスライバーを巻き込んでいないもの、

 いろいろあります。


 今回作ってもらった工場さんも以前はスライバーフリース以外も作っていて、ファッション衣料だけでなくスポーツ用、産業資材と色々作っていました。

 スライバーフリースには最大の弱点?というか、特徴があります。

 とにかく「作るのに時間がかかる」。

 まず原料のスラ イバーを作らないといけない。


 さらに編み機を見せてもらうと遅い!

 スライバーを巻き込んで編み上げていくのである程度しか速度が出ないのです。

 材料も芯になる糸に毛足になるスライバーと多く必要。

 でもある意味、この弱点が強みとなって今も日本で作ることができています。


 先ほど触れたスライバーフリース以外のフリース、量が作れる=安価に作れる、となると海外との競争が始まります。

 そういう競争とは別世界で、このスライバーフリースだけは淡々と日本製が残っているというお話でした。(もちろん、海外でスライバーフリースを作る工場もありますが、それはそれでもっと量が必要だったり条件が違うそうです)




 詳しくはこちら




WORKERS Sliver Fleece JKT-Graph


ページトップへ