CART My PAGE shopping GUIDE CONTACT SITEMAP
RSS
 

WORKERS (ワーカーズ) Mountain Pile Parka / Khaki Ventile

WORKERS K&TH MFG Co.(ワーカーズ)-Logo

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めている。


WORKERS (ワーカーズ) Mountain Pile Parka / Khaki Ventile

価格:

50,760円 (税抜 46,145円)

[ポイント還元 507ポイント~]
SIZE:
購入数:
STOCK
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる



 裏地にスライバーフリース(パイル)を使ったマウンテンパーカ。


 今まで、マウンテンパーカーは裏地に薄手の素材を使い 「ジャケットの上に着るシェル」として作られてきましたが、今回はシャツやセーターの上にそのまま着る「防寒着」として企画。


 表地のベンタイルは薄く、軽く、コットンなのに撥水性がある。

 そこに、空気の層を作り保温性を高めるフリース裏地。

 裾はゴム紐とストッパーで絞れるようにして 服の中の暖気を逃しづらいように。


 今期、WORKERSが初めて作ったフリース。

 数年前から作ってみたいと思い、参考になる古着を揃えて見積もりをするのですが単価が高い!

 これを裏地に使うとなるとさらに定価が高くなる!それでも、どうしても作りたくて形にしたそう。


 悩んだのが、どういったデザインにするか。

 最初、ECWCSからフロントヒヨクを取ったデザインで作ってみましたがどうも生地・付属(部品)とのバランスが悪い。

 そこで、裏地のスライバーフリースがデビューした年代。

 1960~70年代の典型的マウンテンパーカのデザインに戻してみるとばっちりでした。


 腰ポケットはサイドから手が入るハンドウォーマー付き。

 フロントジッパーはビスロンで滑り良く。

 ファスナーを上げた時にどうしても噛み込みがちなチンガードは外しています。


 軽く、暖かく、ちょっとの水ははじいてくれる。

 万能パーカー です。




 さらに詳しくはこちら




WORKERS Mountain Pile Parka Ventile-Graph


ページトップへ