CART My PAGE shopping GUIDE CONTACT SITEMAP
RSS
 

WORKERS (ワーカーズ) Crew Sweat Shirt / Grey

WORKERS K&TH MFG Co.(ワーカーズ)-Logo

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めている。


WORKERS R-JKT / Crew Neck Sweat-Top


WORKERS (ワーカーズ) Crew Sweat Shirt / Grey

価格:

14,040円 (税抜 13,000円)

[ポイント還元 140ポイント〜]
SIZE:
購入数:
STOCK
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ



 16FWで作った15ozクラス、裏起毛のスウェットシリーズ。


 ただ、気になったのが袖口の長いリブ。

 袖の長さ調節、またビンテージライクな雰囲気を出す。

 機能的にも、袖のリブでぎゅっと締めることで袖口がスースーしない。


 定番仕様なので良い事だらけですが1点だけ。

 着用するときにそのリブが突っかかる、着た後に少しだけ袖口を調節する。

 スウェットを着ていれば当たり前のことなのですが、それが気になる。


 そんな時、アウトドアウェアの中綿系ジャケットを着るとその袖口の突っかかりが無いことに気づいたそう。

 アウトドアウェアの袖口を良く見ると、伸縮性のある素材が独特な半分三角型、裏は2cm程度の帯状の形に。

 確かに、これならば伸縮性素材の面積も稼げる。

 ある程度面積が無いと、伸縮性が足らないからです。


 さらに、この形状を見ていて思い出したそう。

「ビンテージのスウェットでもこれに似た形あったぞ!」そう、何十年も前の誰かも機能性を考えてか、はたまた装飾性からなのかやっていたのです。


 特徴は袖口のリブ形状。

 半分が三角形、そこから裏側は帯状に。

 Crew Neckは裾リブも細めにして、リブの突っかかりを無くしています。




WORKERS Crew Neck Sweater-Graph


ページトップへ